マスクやメガネなどの対策グッズを使ってみよう!

薬を飲む女性

自分でできる対策はいろいろとあります。春先になるとスギ花粉が大量飛散するために、街を歩いているとマスクをしている人をよく見かけます。これはとても有効な対策なので、花粉症の人はやっておいた方が良いです。マスクをして外出すれば、鼻から吸い込む量が激減します。肌にも付着しなくなるために、肌荒れで悩んでいる人にも有効です。なるべく、隙間を作らないように付けることがポイントで、鼻のところにワイヤーが付いているタイプなら、ワイヤーを鼻に沿った形にしておきましょう。
メガネも有効な対策グッズの一つです。目からの侵入を防ぐことができれば、目のかゆみを抑えることができます。最近は、メガネの隙間からの侵入を防ぐために、肌にピッタリフィットする形も出ています。特に、目のかゆみがつらい人には良い商品といえるでしょう。
衣類に付く花粉を減らすためには柔軟剤を使いましょう。実は、柔軟剤は静電気を防ぐのであまり花粉が衣類に付着しなくなります。最近では、意識して使っている人も多く、こちらも対策グッズと言って良いでしょう。
室内に入ってきた場合、時間が経つと床に落ちるので床を掃除するシートも使ってみませんか。掃除機では床に落ちた花粉が舞い上がる恐れがあるので、手軽に床拭きできるシートを使ってみてください。埃などと一緒に綺麗にふき取れるので、室内対策にピッタリです。
内服薬や点鼻薬ももちろん対策グッズの一つです。内服薬は市販薬と処方箋が必要な薬があります。症状が重い人は医療機関を受診しましょう。また、内服薬だけでは鼻水や鼻づまりが止まらないようであれば、点鼻薬も使ってみませんか。即効性がありますし、眠くならないで済むので一つあると便利です。スギ花粉のピークの時期になるとさまざまな商品が登場します。アロマオイルを使うのも有効です。スーッとするタイプのアロマオイルを使うと鼻の通りが良くなりますし、また、リラックス効果もあるので一石二鳥です。天気予報で花粉が飛散したと言ったら、マスクやメガネなどを外出時に使用してみませんか。これらを使用するだけでもかなり違うと感じるかもしれません。内服薬や点鼻薬に頼ることも必要ですが、アレルギー物質を体内になるべく入れないように対策グッズが良い役割をしてくれます。慣れてない人がマスクやメガネを装着すると違和感があるかもしれません。それ以上につらい症状が緩和されますので、外出する時にはぜひ検討してみてください。