掃除・洗濯など室内でできる花粉症対策

自宅でできる花粉症対策はたくさんあります。窓を開けたり、外出して帰って来た時には花粉が室内に入ってきますので、ずっと家にいても症状が出ることもあります。ハウスダストにも苦しんでいる人が多いので、どうやって掃除をするのかを考えてみましょう。花粉もホコリも軽いので、闇雲に掃除機をかけると花粉やホコリが舞い上がってしまいます。花粉症とハウスダストの両方の症状で大変なことにならないようにするためにも、事前に加湿器をたいてください。そうすると、加湿器から出た水蒸気とくっついて床に落ちます。そこを掃除機で吸い取ってしまえば花粉もホコリも舞い上がらずに綺麗に取り除けます。もちろん、床掃除シートで床を拭くのもおすすめです。掃除機をかけた後にシートで床を掃除すれば、より安心できます。エアコンを使う人はエアコンを使う前によく掃除してください。部屋中に風が行き渡るので、花粉症やハウスダストの症状が出てしまうかもしれません。春だって洗濯はしなくてはなりません。ただし、外に干してしまうと洗濯物に花粉がたっぷりついてしまうので、外干しは控えましょう。室内干しにしておくと安心です。もちろん、事前に掃除をしておいてからにした方が良いです。部屋干しすると臭いが気になりませんか。今では部屋干し用の洗剤があるので、これを使えば室内で洗濯物を干しても臭いが気にならなくなります。屋外に干すのとでは全然花粉が付く量が違いますので、特にピークの時期には室内干しを徹底してください。加湿器はとても重要な役割をしてくれますが、室内で洗濯物を干していると、それだけで部屋を加湿することができます。空気の乾燥を防ぐこともできますし、そうすると室内の花粉が床に落ちたり、静電気が防げるために衣類に花粉がつきにくくなるメリットもあります。いつもの時期とは違った工夫が必要です。まだ、花粉が飛び始めた時期であればここまで気にしなくて済むかもしれませんが、ピーク時や症状が重い人は徹底してください。掃除や洗濯でやるべき対策はやれるだけのことをしましょう。体内にアレルギー物質を入れないと言う意味では花粉症もハウスダストも変わりありません。両方持っている人であれば、この対策を年中行っても良いくらいです。一見、面倒に見えるかもしれませんが、良いグッズもたくさん出ていますので、慣れれば大変なことはありません。自分だけではなく、家族にも協力してもらって対策してください。