花粉の飛散量や時期・ピークは?

せきが出る男性

花粉と言っても様々な種類があります。日本では大量のスギが植えられていますので、スギ花粉症の人がとても多いです。意外かもしれませんが、真夏以外は飛散している花粉です。ただし、ごく少量なのでアレルギー症状が出ない人が多いです。敏感な人であれば、真夏以外も鼻水や目のかゆみなどに悩まされてしまいます。まずは、スギ花粉の飛散量がピークになる時期を見ていきましょう。大体2月くらいからたくさん飛び始めます。その年によっても多少の変動はありますが、2月下旬ごろから大量飛散します。3月が飛散量のピークで、4月初旬くらいまでは花粉症の症状で悩まされる人が多いです。その後は徐々に収束していきますが、5月初旬くらいまで鼻水や鼻づまりなどに苦しめられる人が少なくありません。
ヒノキで苦しんでいる人もいますが、スギが終わる頃くらいから飛散し始めます。ヒノキは大体3月下旬くらいから飛散が始まり、4月にピークを迎えます。そして大体5月初旬くらいには収束するでしょう。これら二つの代表的な花粉症の方は2月から5月に気を付けてください。時間帯によっても飛散量に違いはあります。都会に住んでいる人が気を付けないといけないのはお昼以降です。朝、スギやヒノキから花粉が放出されて、風に乗ってお昼ごろから大量に飛散するからです。ただし、お昼だけ気をつけるわけではなく、夕方の時間帯も気をつけなくてはなりません。お昼前後に都心に届いた花粉は落ち着いていきますが、夕方になって気温が下がると空気が対流するためにまた舞い上がるからです。お昼と夕方は特に気を付けて行動してください。
天候にも違いがあり、晴れている時は飛散量が多いです。雨が降ると少なくなりますが、雨で飛散しなかった分を翌日に飛散するので、雨上がりの晴れた日はより多くの飛散量になります。風が強い日も要注意です。また、季節によってはスギやヒノキ以外の花粉が飛散することもあります。春だけではなく、秋の花粉症もあり、季節を問わず一年中症状が出る人もいるほどです。花粉症の時期は人によって全然違います。植物の種類によって、いつの時期にピークを迎えるのかが全然違うことがわかります。天候によっても全然違いますが、敏感な人は天候が悪くても症状が出るので対策は欠かせません。ただ、種類ごとのピークを知ることで、いつどんな対策をすればいいのかがわかりますので、どの植物がいつピークを迎えるのかを知っておくと良いでしょう。