風邪ではない!花粉症にみられる症状とは?

カプセルを口に入れる女性

風邪だと思っていたけれど、ずっとくしゃみや鼻づまりが治らないということはありませんか。それは、花粉症の可能性があります。症状が非常に風邪に似ていますが、花粉症には独特な症状がありますので、そのことを知っておけば、正しい対処ができるはずです。日本ではスギが多いこともあって、スギ花粉症の人がとても多いです。もちろん、決してスギ花粉自体は危険な物質ではありません。しかし、大量に体内に入ってしまうとリンパ球が侵入者とみなします。そして抗体を作ってしまい、また体内に花粉が入ってきた時に脂肪細胞と結びついてヒスタミンを分泌します。体内に入ってきた異物である花粉を体外へ排出するために分泌されるため、くしゃみや鼻水が出たり、鼻づまりなどのアレルギー症状が起こります。
独特な症状の一つに目のかゆみがあり、これは目に入った花粉を涙で出そうとしているからです。目のかゆみによって自分が花粉症だと自覚する人も多いです。気付きにくいのですが、皮膚が荒れたりかゆくなったり、熱っぽくなる人もいます。かなり症状の出かたには個人差があるので、なかなか治らないと思ったら、花粉症を疑ってみてください。花粉が飛散する時期よりも前に初期療法を行うことで、鼻水や鼻づまり、目のかゆみなどをかなり抑えられるかもしれません。ヒスタミンが分泌されますが、抗ヒスタミン薬を初期療法で使用することによって、アレルギー症状が出にくくなります。
最近は市販されるようになりましたが、医療機関で処方される治療薬をまずは使ってみてください。たいていの場合は抗ヒスタミン薬が処方されるでしょう。それでも効かないようであればステロイド剤を処方してもらうこともできます。飛散してからでも大丈夫ですが、花粉がいつ頃から飛散するかを確認して、その前の時期に医療機関を受診したり、市販薬を使い始めましょう。風邪と似ている鼻水や鼻づまり以外にも、目のかゆみや肌荒れが現れるかもしれません。このような症状が出る前から行う初期療法に注目しましょう。とても敏感な人の場合は、ドラッグストアなどで花粉症の市販薬を大々的に販売する前には症状が出ることもあります。このような人は、医療機関を早期に受診した方が良いでしょう。これまで経験がなく、突然花粉症になった人は仕方がありませんが、そうではない人は早めの行動を心がけてください。鼻水や鼻づまりなどが現れてからでは、さらに症状が重くなることもあるので要注意です。